メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコGDP発表、リセッション回避!2019年7月31日

メキシコGDP成長率に関するニュースです。

2期連続の減少(前期比)はリセッション(景気後退)とみなされ、格付け会社からの格下げを早めることになるので、今回予想に反してリセッションにならなかったことは大きいです。為替も反応しています。

良い数値とは言えませんが。
www.reuters.com

以下直訳になります↓

 

国内総生産が第2四半期にほんの少し成長したため、メキシコは2019年前半に景気後退に陥るのを厳密に回避した、とデータは示したが、全般的に弱さが続いた。

 

全国統計局が発表した暫定予測によると、ラテンアメリカの2番目に大きいメキシコの経済は、季節変動に合わせて調整すると、前四半期から4〜6月の期間に0.1%拡大した。

ロイター通信によると、経済が前四半期比で0.2%縮小したとき、GDPは第1四半期と比較して横ばいになると予測した。

統計局は8月23日に第2四半期の最終データを公表する予定です。

2019年上半期中、経済は前年同期比で調整後で0.3%成長した。

Capital Economicsのエコノミスト、ウィリアムジャクソン氏は、このデータは奮闘している経済の絵を描いたもので、メキシコの中央銀行が金利を引き下げるように促す可能性があると主張した。

 

「重要な点は、これはまだ本当に本当に弱いということです」と彼は言った。

「私たちはすでに利下げを行っています。経済の弱さとインフレの低下の仕方を考えれば、8月には(利下げ)可能性があります。」

世界的に定義されている現象はありませんが、一般的に経済学者は2四半期連続のマイナスGDPを技術的後退と定義しています。

 

メキシコのGDPデータの内訳を見ると、農業を含む一次活動は前四半期から3.4%減少したが、製造業などの二次活動は横ばいだった。わずかな成長は小売およびサービスを含む三次活動の0.2%の上昇によって加速された。

 

政府は経済が低迷しているという提案を拒否し、Andres Manuel Lopez Obrador大統領は午前中の記者会見でGDPの数字を称賛し、それらを「とても良いニュース」と呼んで彼の批評家への非難として投げかけた。

 

中略

 

調整後では、第2四半期の経済成長率は前年同期比で0.4%増加した。 調整前の数値では、0.7%縮小している。