メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

ファイザー社のワクチン開発に関するニュースでご祝儀相場!11月9日2020年

現在、ほぼすべての通貨が対円で大きく上昇しています!

バイデン氏勝利のご祝儀相場かと思いきや、ファイザー社の新型コロナウィルスワクチンの有効性を伝えるニュースに反応しているようです。

ファイザー社からの強気のコメントが記事になっています。

 

この発表が大統領選の後を見計らっている気がして少し嫌になりますが、

今日のおかげで今年もプラスで終われそうです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

ファイザー社は月曜日に、実験的なCOVID-19ワクチンが90%以上有効であり、100万人以上が死亡し世界経済を打撃し日常生活を混乱させたパンデミックとの戦いで大きな勝利を収めたと語った。

 

ファイザーとドイツのパートナーであるBioNTechSEは、コロナウイルスワクチンの大規模な臨床試験を行い、成功したデータを発表した最初の製薬会社となった。 両社は、これまでのところ重大な安全上の懸念は見られず、ワクチンの緊急使用について今月米国の認可を求める予定であると述べた。

 

承認された場合、投与回数は最初は制限され、ワクチンがどのくらいの期間保護を提供するかなど、多くの疑問が残る。 しかし、このニュースは、開発中の他のCOVID-19ワクチンも有効であることが証明されるかもしれないという希望を提供している。

 

「今日は科学と人類にとって素晴らしい日です」とファイザーの会長兼最高経営責任者であるアルバート・ブーラは述べた。

 

「ワクチン開発プログラムでこの重要なマイルストーンに到達している、感染率が新記録を打ち立て、病院が収容能力を超え、経済が再開に苦労していることで、世界が最も必要としているときに。」

 

BioNTechの最高経営責任者であるUgurSahin氏は、ワクチンの予防接種効果は1年間続くと楽観的に語ったが、それはまだ確実ではなかった。

 

「有効性データは本当に印象的です。これは、私たちのほとんどが予想していたよりも優れています」と、テネシー州ナッシュビルのヴァンダービルト大学医学部の感染症専門家であるウィリアム・シャフナーは述べている。 「調査はまだ完了していませんが、それでもデータは非常に堅実に見えます。」

 

中略

 

ファイザーは、16歳から85歳までの人々にワクチンを緊急に使用するための幅広い米国の認可を求めることを期待している。そのためには、研究の44,000人の参加者の約半分から2か月の安全性データが必要になる。

 

中略

 

ファイザーとバイオエヌテックは、今年から1億回分のワクチンを提供するために、米国政府と19億5000万ドルの契約を結んでいます。また、欧州連合、英国、カナダ、日本とも供給協定を結んでいる。

 

中略

 

米国の製薬大手は、試験の94人の参加者がCOVID-19を開発した後に中間分析が行われ、プラセボと比較してワクチンを受けた人の数を調べたと述べた。

 

同社は、病気になった人の何人がワクチンを接種したかを正確に分析していませんでした。それでも、90%を超える有効性は、COVID-19にかかった94人のうち8人以下がワクチンを投与されたことを意味する。ワクチンは約3週間間隔で2回接種された。

 

有効率は、米国食品医薬品局がコロナウイルスワクチンに要求する50%の有効性をはるかに上回っている。

 

有効率を確認するために、ファイザーは参加者の中に164のCOVID-19症例が存在するまで試験を継続すると述べた。ブーラは月曜日にCNBCに、感染率の上昇に基づいて、試験は11月末までに完了する可能性があると語った。

 

データはまだ査読されておらず、医学雑誌に掲載されていない。ファイザーは、試験全体の結果が出たらそうするだろうと述べた。

 

「これらは興味深い最初の信号ですが、やはりプレスリリースでのみ伝えられます」とドイツのハンブルクエッペンドルフ大学医療センターの熱帯医学部長であるMarylynAddo氏は述べている。

 

「一次データはまだ利用できず、査読済みの出版物はまだ保留中です。最終的な評価を行う前に、正確なデータを待つ必要があります。」

 

以下省略