メキシコペソ応援ブログ

FXの基本、ニュース、為替、経済情報も

2021年のメキシコペソ円振り返り、FX取引の反省点まとめ

2021年のメキシコペソ円、米ドル円の値動きを週足チャートで振り返ってみましょう。

 

 

 

2021年の値動きまとめ

メキシコペソ円

f:id:MisaTamaki:20220101222420j:plain

 

米ドル円

f:id:MisaTamaki:20220101222456j:plain

 

 

この一年間で、

メキシコペソ円は大体 5.2→5.6円

米ドル円はだいたい 103→115円

 

と変化しています。

アメリカの金融引き締め、利上げ期待から順調に米ドルが上がった年でした。

 

新型コロナワクチンの普及により、経済活動が復活しつつあったことから、原油価格が上昇し、産油国であるメキシコペソも上昇傾向でした。

しかし、米ドルの金利が上がると、メキシコペソなどの高金利通貨のメリットが少なくなるので、メキシコペソの上昇は鈍かった印象です。

11月には、トルコリラの低金利政策による急落、メキシコ中銀の総裁の交代などが懸念され、メキシコペソ円が急落する場面がありました。

 

 

2021年の取引まとめ

2021年は利益率約5%でした(証券口座に入れている総金額に対する利益)。

・米ドル円買いで順調に利益をあげられた

・メキシコペソ円買いはスワップで利益

・ロシア円買いで利益

・ユーロ円売り、スイスフラン円売りは損切り

・トルコリラ円買いで遊んでいるときに急落し損切り

 

今年の取引の反省は、なんといってもトルコリラ!

ジャンク通貨で遊ばないこと!!

速めに損切ったので、8万円くらいの損切りですんだけど、6円台までホールドしてたら心が折れていたかも。。

 

ユーロ円売り、スイスフラン円売りは、序盤で利益がでて、中盤で損失をだしたので、結果はちょっとマイナスくらい。これは仕方ない。

 

2021年の主軸は米ドルで正解。

2022年も前半は米ドル買いが主軸かなと。