メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ金利関連ニュース5月15日2020年

メキシコの金利が決定しました。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの中央銀行は木曜日にベンチマーク金利を3-1 / 2年で最低に引き下げた、より多くの削減があるかもしれないこと、コロナウイルスのパンデミックの影響は第2四半期により強く感じられるであろうことをほのめかし。

 

メキシコ銀行として知られているBanxicoの5人の理事会は、満場一致で投票率を50ベーシスポイント引き、2016年11月以来最低の5.50%に引き下げた。

 

Banxicoは、受け取ったデータに基づいて行動し、金利がインフレ目標と一致するようにし、コロナウイルスの危機が「生産活動に大きな影響」を及ぼし、財務ショックを引き起こしたと指摘した。

 

「パンデミックの影響の大きさと期間はまだ不明ですが、これらは第2四半期中に激化し、雇用の大幅な減少をもたらすと予想されています」とBanxicoは声明で述べた。

 

メキシコの年間インフレ率は、4月の月間3.25%から2.15%に低下し、2015年以来の最低レートに達し、中央銀行の3.0%目標レートを下回りました。

 

Banxicoは、見出しのインフレに対する短期的な期待は低下していると指摘し、中長期的にはかなり安定しており、3.0%を超えると付け加えた。

 

キャピタル・エコノミクスは、理事会は今後6カ月間で政策金利を4.50%に引き下げると予想しており、理事会は慎重に進行し、おそらく50ベーシスポイントの引き下げ、あるいは25ポイントの削減にまでスケールを戻すと語った。

 

「これは少しタカ派的なカットでした。 ... Banxicoは、ペソへの圧力を危険にさらすことなく資本流出を引き起こすことなく金利を削減する余地があると考えている」

 

一部の民間アナリストは、ラテンアメリカで2番目に大きい経済が今年最大10%以上縮小すると見ている。

 

アルトゥーロ・エレーラ財務相は、木曜日の初めに発表された新聞インタビューで、中央銀行には削減の余地があり、金利は世界の大部分をはるかに超えていると示唆した。

 

バンキシコは、パンデミックによって引き起こされた金融政策への挑戦は、「経済活動への前例のない影響」とそれが引き起こしていた金融の混乱の両方を含んでいると警告した。

 

火曜日のメキシコ社会保障研究所(IMSS)は、コロナウイルスの危機により、555,247人の正式な職が4月に失われたと報告した。

 

銀行は、マイナスの産出ギャップの大幅な拡大とエネルギー価格の下落がインフレへの主な下振れリスクであると述べた。その間、ペソのより大きく永続的な下落と、サプライチェーンの混乱の可能性、および一部の商品とサービスの流通が上向きのリスクとなる。

 

「この状況では、インフレのリスクのバランスは依然として不確実である」とBanxicoは述べた。